鳩対策を業者に依頼し対策が完了するまでの大まかな流れ

鳩の糞のせいでみんなが大迷惑~レベル別で状況を説明~ 鳩の糞のせいでみんなが大迷惑~レベル別で状況を説明~

出窓に巣をつくられても安心~プロの鳩対策の流れ~

出窓やベランダに鳩が住み着いてしまうケースはとても多いです。そんな鳩を退治するために業者へ依頼して対策をしてもらう必要があります。鳩対策業者へ依頼をしたいという人は、これから説明する依頼から対策をするまでの大まかな流れを確認しておきましょう。これで、依頼方法が分からない方も安心して頼めるようになります。

鳩対策が完了するまで

問い合わせ・相談

鳩による糞害で悩んでいる場合は、鳩対策をする必要があります。鳩対策は業者に任せましょう。業者に依頼する場合はまず、電話で問い合わせるのが一般的です。電話の他にもメールからも問い合わせることができるのでお好みの方法で依頼すると良いでしょう。

調査・見積もりの作成

鳩対策業者のスタッフが直接現場へ足を運び、現場調査をします。現場調査をする時に、必要な人員の数や、作業方法、高所作業車が必要かどうかなどを見た上で計算をして見積もり額を決めます。大まかな見積もりであるため、見積もり料金と完全に一致した費用になることはそうそうないので注意してください。

清掃後に施工

鳩は、自分達の糞があるところを過ごしやすい場所としてとらえます。糞がベランダや出窓に残っていると、そこにまた戻ってきます。ですから、清掃をする必要があるのです。清掃では、高圧洗浄器を使い糞を除去します。清掃後は、忌避剤などを用いて鳩が寄ってこないように対策をすれば作業完了です。

依頼をする時は、電話やメールから行なえます。電話をするのが苦手だという人であれば、メールを利用すると良いでしょう。鳩対策業者に対策の依頼をすれば、鳩の糞を掃除し鳩が寄り付いてこないような対策をしてくれます。

2度と出窓に鳩を寄せ付けない

作業員

鳩対策業者に依頼して、鳩対策をした後はアフターフォローで追跡調査を行なってくれます。追跡調査では、鳩が戻ってきていないかを調べるものです。大抵、鳩は2~3週間もすればいなくなるといわれています。ちょうどそのタイミングで調査を行なうので安心です。

TOPボタン